Home > About > 代表挨拶

代表挨拶

日本ベンチャーキャピタル(NVCC)は1996年2月、自らベンチャー企業を興し成功をおさめている事業家や、ベンチャー支援に熱意を持つ大手企業の経営者が創業メンバーとなり設立されました。

これまでに創業初期の段階から出資しリードVCとして参画し、経営に必要な助言や販売面でのアドバイス、上場に関するサポートをはじめ幅広い支援を行うなど、ベンチャーと共に歩みながら、数多くの企業が上場してきました。

これらの成功したベンチャーの経験とノウハウは我々の大きな宝物でもあり、これをまた次世代の有望なベンチャーに継承していきたいと思います。
大きな転換期を迎えている日本経済は、今こそチャレンジ精神溢れる活力のあるベンチャー企業を必要としています。私たちはそのような方々を応援しながら、ベンチャー起業のエコシステムに貢献してまいります。

代表取締役会長

奥原 主一

代表取締役社長

多賀谷 実

経営理念

存在理念

  1. 独立中立型のベンチャーキャピタルとして大企業を中心とするネットワークと、これまでに培ってきた経験・ノウハウを活かし、次世代を担う起業家・ベンチャー企業を支援する
  2. 大学ファンドの運営を担ってきた産学連携の経験と実績を活かし、新たな知のアライアンスを創出する

経営姿勢

  • イノベーションと過去の知見を融合しサスティナブルな成長を実現する
  • 専門性を極め活眼と胆識を持ったプロフェッショナルとして受託者責任(フィデューシャリーデューティー)を全うする
  • ベンチャー企業のエコシステムに寄与し、一燈照隅の精神で社会的使命を果たす

支援型

  • NVCCはスタートアップおよびアーリーステージの企業を中心に投資し、創業当初から上場まで一貫して支援してまいります。
  • 社外取締役としての役員派遣や取締役会のオブザーバーとして積極的に経営に関与し、成長ステージに応じた支援をしてまいります。

幅広いネットワーク

  • NVCCには経営陣に自らベンチャー企業を興した事業家が、また株主としてベンチャー企業支援に熱心な大企業が結集しています。役員企業、株主企業、ファンド出資企業など150社以上の大企業がNVCCに関与しており、投資候補先の事業性評価、投資後のアライアンス構築などで強力な支援を得られる体制があります。

経験豊富なプロフェッショナル集団

  • ベンチャー投資・経営支援の豊富な経験を持つNVCCのベンチャーキャピタリストがベンチャー企業の成長を強力に支援してまいります。

独立性・中立性

  • NVCCは特定の系列に属さない独立系ベンチャーキャピタルであり、多種多様なソースからの投資先企業の発掘およびアライアンス関係の構築が可能です。

産学連携

  • NVCCは大学にある研究成果の起業化を促進しています。大学に関連するベンチャー企業等を多面的に支援し、産学連携の成果を生み出してまいります。