TELENOID

“マツコロイド”生みの親、石黒教授を最高技術顧問に「テレノイド計画」が始動

人類を“孤独”から救え。
「マツコロイド」を生んだ石黒浩教授が最高技術顧問を務めるプロジェクト「テレノイド計画」が始動した。
NVCCはこのプロジェクトの会社化、設立資金の供給、社長の選任まで全面的なバックアップを行う。
本ブログでは同計画発表記者会見の舞台裏に迫る。

アンドロイドが人類を“孤独”から救う

遠隔操作型アンドロイド「テレノイド」は電話のように、人と人が遠隔のコミュニケーションをするための新しいデバイスだ。
その特徴は、人間としての必要最小限の見かけと動きの要素のみで作られていることだ。
対話に重要となる「目」を中心にして、顔の周辺に向かって徐々に簡略化されていくデザインになっている。
遠隔の操作者は簡単にテレノイドに乗り移って相手の話を聞きながら返事をしたり、感情表現をすることができる。

操作者が乗り移ったテレノイドと相対して会話すると、あたかも実際の人とその場で話しているように感じることができる。
さらにテレノイドを抱きかかえて会話すると、遠隔の話し相手とスキンシップを取っているような錯覚さえ覚えてしまう。

テレノイド デモ映像
テレノイドとの会話、抱擁 [動画] https://www.youtube.com/watch?v=fDlfem8KPcA (サイエンスライター森山和道氏 撮影)
これまで国内や海外(デンマーク、ドイツ、イタリアなど)の50箇所以上で、子供から高齢者まで幅広く実験が進められてきた。
効果が顕著だったのは「高齢者」と「認知症患者」。
日頃口数の少なかったお年寄りが、テレノイドを通じて介護職員と楽しく会話するように。
テレノイドとの別れを惜しみ、設定時間を超えて話し込んでしまうお年寄りも。
認知症患者の問題行動(BPSD)の症状が緩和することもあった。

研究者との連携、そして事業化の担い手探し

「株式会社テレノイド計画」が2015年7月1日に設立された。
テレノイド計画は、2015年2月に設立されたけいはんなATRファンドの一号案件となる。

記者会見の様子
新丸ビル「EGG JAPAN」で行われた記者会見には大手新聞社の記者が揃った

ファンド設立以来、NVCCではATRと連携し同研究所の技術シーズを厳選し事業化する試みを続けてきた。
事業化で最も苦戦するのがその会社の“経営者”探しだった。
「テレノイド計画」の社長を探す中で出会ったのが、こころみ社の神山社長だ。

神山社長は2013年にこころみ社を創業したベンチャー起業家。
高齢者支援のためのコミュニケーション・サービスを提供すべく起業、さまざまな試行錯誤を経て、電話を通じたサービスを見出し、その拡大に取り組んでいる。
その最中ではあるが、石黒浩教授の考えるテレノイドの将来像に賛同し、テレノイド計画の代表取締役に就任するに至った。

神山社長の発表
「人類の新しい友人を生み出す」テレノイド計画代表取締役神山氏

テレノイドの初期ターゲットは認知症患者や高齢者が想定されている。
記者会見にて、神山社長はその先、あらゆる人を対象とし、「人類の新しい友人を生み出す」事業としていくことを強調した。

テレノイドのデモ
テレノイド体験者の反応に盛り上がる関係者

けいはんなATRファンドでは今後も引き続き、ATRとの連携を深め、ライフイノベーションの創出に取り組んでいく。

テレノイド
株式会社テレノイド計画の関係者 左:最高技術顧問 石黒様 中央上:代表取締役 神山様 中央下:テレノイド 右:ヴイストン株式会社 代表取締役 大和様(製造を担当)

<株式会社テレノイド計画 概要>
最高技術顧問: 石黒浩(大阪大学教授、ATR石黒浩特別研究室長) ※就任予定
取締役:
代表取締役 神山 晃男((株)こころみ 代表取締役社長)
取締役 渡辺 雅人(NVCC(株))
取締役 中川 雅博 (NVCC(株) 取締役副会長)
監査役 坂野 寿和((株)ATR 事業開発室 担当部長)
設立: 2015年7月1日
URL: http://telenoid-planning.jp/