けいはんなATRファンドが活動スタート

けいはんなATRファンドが活動スタート

ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授。
その研究の原点は奈良先端大、けいはんな学研都市にある。

けいはんな学研都市にはトップクラスの研究施設、教育機関が集積している。
2015年4月には「けいはんなオープンイノベーションセンター」(KICK)が開所、5月にはサントリーホールディングスの新しい研究開発拠点も竣工予定だ。

けいはんな学研都市の中核を担うのがATR、1986年に設立された民間の研究機関だ。

ATRは情報通信の様々な分野で世界に誇り得る数々の研究成果をあげており、近年はライフイノベーション創出を見据え、脳情報科学や生活支援ロボット等の研究開発を活発化させている。

ATRが取り組む研究分野
ATRが取り組む研究分野

[ATR研究成果]BMIハウス概要
[ATR研究成果例]BMIハウス ~ 脳活動から意志をリアルタイムに解読し、車いすや家電を操作
[ATR研究成果]テレノイド概要
[ATR研究成果例]テレノイド ~ コミュニケーションにおける必要最小限の人間らしさを追求したロボット
 2015年2月、弊社はATRが有する研究成果の事業化を促進するためのファンドを設立した。

<けいはんなATRファンド 概要>
名称 けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合
投資対象 ATRが保有する知的財産を利用している若しくは将来利用するとATRが認めるベンチャー企業等の事業者
無限責任組合員 日本ベンチャーキャピタル株式会社
有限責任組合員 (五十音順・敬称略)
オムロンベンチャーズ株式会社、株式会社京都銀行、KDDI株式会社、株式会社構造計画研究所、株式会社国際電気通信基礎技術研究所、株式会社産業革新機構、サンコール株式会社、株式会社新生銀行、住友電気工業株式会社ほか
設立 2015年2月10日
出資約束金額 最大50億円
存続期間 2024年6月30日まで

本ファンドでは、弊社として積極的に起業に関与していく。
同けいはんな学研都市のビジネスコミュニティ活性化にも貢献しながら、新たな事業を担う人材を集積していきたい。
近日中にインキュベーション施設を設置、現地~大阪~京都~東京でのイベント開催等を通じて、人的交流を深めていく。

イベント開催予告については当ブログでも発信していく。
またブログの更新情報はメールでも毎週一回配信しているのでぜひチェックしていただきたい。

※通知メール登録方法
パソコンの場合:本記事、右側上部の「読者登録」欄にて、メールアドレスを入力後、「Subscribe」ボタンをクリック
モバイルの場合:本記事、下部の「読者登録」欄にて、メールアドレスを入力後、「Subscribe」ボタンをクリック

けいはんなATRファンド設立総会 (2015年3月11日)
けいはんなATRファンド設立総会 (2015年3月11日)

 

来月、4月13日には東京丸の内(新丸ビル)で開催されるイベントにて、弊社社長奥原がけいはんなATRファンドについてご説明する。 今後の活動について、ご興味ある方はぜひお立ち寄りいただきたい。

2015年4月13日インディペンデンツクラブ チラシ

※詳細はこちらから
THE INDEPENDENTS CLUB|2015年4月13日 東京インデペンデンツクラブ【第180回事業計画発表会】
http://www.independents.jp/event/item000185

またATRでは毎年研究成果を一般公開する、オープンハウスを開催している。
今年は10月29日(木)、30日(金)に開催予定。
最新の研究動向について、デモンストレーションを体感し、研究者から直接話を聞く良い機会になるのではないだろうか。

※詳細はこちらから
ATRオープンハウス2015(ATR|株式会社 国際電気通信基礎技術研究所)
http://www.atr.jp/event/event.html