ベンチャーキャピタリスト平川敦士

NVCCスタートアップファンドの投資スタイル 第一弾:平川敦士

2014年3月3日の日経新聞朝刊に、NVCCスタートアップファンドの投資事例を紹介いただきました。

2,014年3月3日日経新聞朝刊
関西経済特集―発展へ活気生む、広がるベンチャー支援、産学タッグ充実。
2014年3月3日 日本経済新聞 朝刊

NVCCスタートアップファンドは、創業間もないスタートアップ企業に投資するために昨年夏に設立した、総額2億円のファンドです。
紙面でご紹介いただいた支援内容について、平川のコメントを以下にご紹介します。

見初めた相手にはとことん尽くす

一緒
http://www.flickr.com/photos/scuba_thib

~起業家との関係性~

「会社設立前であっても、ミーティングを重ねて事業計画をともにブラッシュアップしていく。
スケールする可能性があれば経営に参画して一緒に経営を進めていく。」

~ベンチャーキャピタリストとしての信念~

「支援の密度に徹底的にこだわっていきたい。」

~具体的な支援の内容~

「重要な会議には同席し、貢献できる専門的知見があればその場で発言する。
会計・税務的な課題は通常であれば判断が先延ばしされるが、税理士資格を活かしてその場で解決が可能。
事業計画の策定や戦略的判断では、前職(※)で鍛えた戦略コンサルティングのフレームワークを活用することで論点がきれいに整理され、スピードが加速する。」

※外資系戦略コンサルティングファームでM&A等を担当

「提携の可能性がある事業会社など、事業の成長につながる相手であれば積極的に紹介していく。
複数の事業会社と定期的に情報交換をしてニーズを確認しているため、精度の高いマッチングができる。

会社が成長すると新たな資金ニーズが出てくる。
よいスタートアップにはそういったファイナンスも継続的に支援していく。」

もっと若い人の起業を後押ししたい

起業家
http://www.flickr.com/photos/stevendepolo/

~実現したいこと~

「大きな夢を抱きながらも、資金等が不安で踏み切れずにいる人も少なくない。
ファイナンスを活用すれば、自己資金が多くなくても夢にチャレンジできる。
手段は一つではない、シチュエーションによって最適なものを選べば良い。
融資や補助金がベストと思えば、そのようにアドバイスしている。
正しいノウハウを伝授して、若い人の起業を後押ししていきたい。」

~起業家へのメッセージ~

「事業計画があれば、とにかく一度相談にきてほしい。
一緒にプランと世の中を変えていこう。」

参考URL
NVCCスタートアップファンドについて
http://www.nvcc.co.jp/news/index.html#20130701